遺産で借金が多額に残された場合は?

借金も相続の対象となりますが、相続人では返済しきれないほど多額の負債があるならば、家庭裁判所で「相続放棄」の申述を行なうことによって返済義務を免れることができますが、いくつかの注意点もあります。

 

1.相続放棄には期限がある

相続放棄が行なえるのは、自分に相続が開始したことを知ったときから3ヶ月以内という期限があります。

 

2.相続放棄をするとすべての相続財産に対する権利を失う

相続放棄をするとマイナスの財産だけでなくプラスの財産も相続できないことになります。つまり、場合によっては故人名義になっていた自宅などを手放さないといけないことになります。

 

3.相続放棄をすると次の順位に相続権が移る

相続放棄をすると相続権は次の順位へと移っていきます。つまり、亡くなった人の子全員(第1順位)が相続放棄を行なうと親(第2順位)、兄弟姉妹(第3順位)へと相続権が移っていくということです。

このことには、亡くなった方の配偶者が相続放棄をしたかどうかは関係しません。配偶者、子、 親、兄弟姉妹(兄弟姉妹が亡くなっている場合は甥姪)がすべて相続放棄をして初めてすべての債務が相続されないことになります。相続登記を自分で