2016年2月

寒気と妊娠初期の症状には個人差がある

寒気と妊娠初期の症状には個人差がある

(公開: 2016年2月11日 (木))

妊娠初期の段階で少し寒気がする、または風邪をひいたような感じがする時があります。それはもちろん全員が全員そういう風に女性が感じるわけではなく、その寒さを感じるのも個人差があるものです。

 

また必ず寒さが来ると言うわけではなく、寒さを感じた時がイコール妊娠と言うわけではないので、もし何かしらその兆候をかんじた時は迷わず産婦人科にことをおすすめします。

 

特に寒さを感じた時は風邪ではないかと思い、風邪薬を飲んでしまおうと思いがちですが、いつもと違う風邪のひき方だなと感じた時は迷わず産婦人科に行く方が良いと思われますし、その方が無難です。

 

つわりが来る前に何かしらの兆候として寒さを感じるということがありますので、女性の方、特に妊娠する可能性があるとを考えておられる方はちょっとした変化があったときは、すぐに病院に駆けつけるようにしましょう。

 

激しく寒気が感じられたとかもしくは少ししか感じられなかった、さらには一切かんじたことがないなど、個人差はそれぞれありますのでかならずしも寒さあるとは言えませんが1つの目安として考えてもらうと良いかと思います。

 

神経質になる必要はありませんが、用心に越したことはありませんのでひとつの目安として覚えておくと良いでしょう。妊娠 便秘解消

 

冷えからくる寒気については少し用心が必要です。

 

冷えは妊婦の大敵と言われるように、様々な体調不良につながります。

 

妊娠中におきやすい便秘も体が冷えることで、腸の働きが悪くなることと関係しています。

 

冷えからくる寒気は、なるべくいつも体を温めることを心がけて注意しましょう。