2016年3月

株のビギナーから投資資金はいくらぐらいで始められる

株のビギナーから投資資金はいくらぐらいで始められる

(公開: 2016年3月 4日 (金))

株のビギナーから投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資にとりかかることはハードだと思います。その訳は、これくらいの原資があれば株式上場されている多くの銘柄の中から目についた投資先をセレクションすることができるからです。株のデイトレードにおいて短い期間に大もうけできる人は確かにいるのです。デイトレードというものは、購入株を持越ししないでその日以内に、手仕舞いしてしまうやり方なので、予測できないほどに株価が下がることも少なく、リスク管理がしやすいでしょう。私はアベノミクスという言葉で興味を持ち、よく知らないまま、株を始めたばかりの未経験者です。最初は全然得をせず、含み損でヒーヒー言っていたのですが、このところは経済が明るくなったのか、私の腕があがったのか利益があがるように結果が出てきました。株式を売り、利益が出た際の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社に開設した特定口座での取引の際は本人の代わりに、その都度、20%の税金を源泉徴収してもらえます。確定申告の手間をかけずに済む便利な仕組みですが、損失繰越をする際などは確定申告をすることとなります。株初心者は売り払うタイミングを外してしまうことがあります。誰しもが人間、欲望がありますので、「あとちょっと高くなってから」なんて思っているうちに、株価が下がってしまいます。利益をきちんと確定しなければ利益とはならないことを忘れないようにして自分なりの売り方を検討してみると上手く利益が出るかもしれません。株式投資初心者に必ず覚えてほしい言葉にキャピタルゲインと更にインカムゲインがあります。株で利益を求めるにはこの二つのワードを覚えておいてください。キャピタルゲインは株式売買で生まれる利鞘のことです。一例としては、1万円で買った株式を2万円でトレードすれば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。私は私の好きな有名どころの株を保有しています。年間に一度配当が出るのですが、その配当金だけでなく優待でその他のものがもらえるのがお目当てです。中でも好きなメーカーからもらえると、もっともっと頑張って欲しいなあと考えます。株式投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告をすることになります。例外的に、特定口座を利用した時に限り、以上のような税務に関する計算は金融機関が代行してくれますし、時には確定申告もいりません。ですから、株投資初心者の方にひときわお勧めです。株式投資には多様な手段がありますが、その手だての一つがスキャルピングです。株の購入から売却までをも、スキャルピングは、数秒から数十秒のごくごく短時間の間に済ませてしまう投資手だてですスキャルピングのメリットといえるところは、株保有期間をごく短期間に絞り込むことで、株価下落のリスクを最小限に保持できるということにあります。株の投資を行う際には、単元株式ではない、ミニ株式を買い入れる方法もあります。単元株では、購入する金額が高すぎて購入できない株式を入手したい時には、ミニ株で少量ずつ買い上げることによって、一度に大金を準備しなくても手に入れたい銘柄を購入できます。キレイモ 岐阜